輸送システムの研究開発と運用 S-310/S-520/SS-520(観測ロケット)

運用中

観測ロケットとは

観測ロケット

日本の宇宙科学研究を支える

JAXA宇宙科学研究所の観測ロケットは、天体物理学の観測、上層大気の研究、宇宙プラズマ物理学等に貢献し、日本の宇宙科学研究を支えてきました。そのような飛翔体による観測の機会をとらえて、宇宙科学研究所の工学チームも、姿勢制御システム、再突入技術、回収技術、航法技術等、新しい飛翔体システムを開発してきたのです。その中には、近い将来、探査機や衛星打ち上げロケットに適用されるものも含まれています。また、材料科学やライフ?サイエンスのための微小重力実験の分野でも、観測ロケットが使われています。現在、使用している観測ロケットは、S-310、S-520、SS-520の3機種です。

トピックス

一覧
2018年2月3日 更新

SS-520 5号機打ち上げ実証実験成功!超小型衛星TRICOM-1Rの分離?軌道投入に成功!

SS-520 5号機打ち上げ実証実験成功!超小型衛星TRICOM-1Rの分離?軌道投入に成功!

2月3日(日)14時03分00秒に、内之浦宇宙空間観測所からSS-520 5号機による超小型衛星打ち上げの実証実験が行われました。
SS-520 5号機は計画通り飛行し、実験実施後約7分30秒に超小型衛星TRICOM-1R(トリコム?ワンアール)を分離、軌道投入に成功しました。

SS-520 5号機は、2017年1月の4号機での実験失敗の原因対策を施し、当初の目的である超小型衛星打上げ機に係る技術の先行実証の再実験として行いました。

プレスリリース

一覧

構成

S-310 S-520 SS-520
全長 7.1m 8m 9.65m
直径 0.31m 0.52m 0.52m
全備重量 0.7t 2.1t 2.6t
到達高度 150km 300km 800km
ペイロード 50kg 95/150kg 140kg

運用中の観測ロケットの特徴

S-310

S-520

SS-520

パンフレット

PAGE TOP

猫咪免费人成网站在线观看,两性午夜刺激性视频,7723影视大全在线观看