輸送システムの研究開発と運用 宇宙ステーション補給機「こうのとり」(HTV)

運用終了

宇宙ステーション補給機「こうのとり」(HTV)とは

宇宙ステーション補給機「こうのとり」(HTV)

国際宇宙ステーションへの補給の要
「こうのとり」(HTV)

ISSに補給物資を運ぶための輸送手段として、日本が開発した無人の物資補給機「こうのとり」(HTV)。最大約6トンという世界最大級の補給能力を備えており、一度に複数の大型実験装置の搭載ができるなど「こうのとり」のみが備える機能でISS運用の根幹を支えています。また、日本が独自に開発した無人ランデブ飛行技術がISSへの接近方式のスタンダードとして米国の民間輸送宇宙船に採用されるなどNASAをはじめ各国から高く評価されています。
2020年8月20日にHTV9号機が大気圏の突入し、運用が終了しました。現在、HTV-Xによる新たな補給機を開発中です。

トピックス

一覧
2020年5月21日 更新

「こうのとり」9号機/H-IIBロケット9号機 打上げ成功

宇宙ステーション補給機「こうのとり」9号機(HTV9)は、H-IIBロケット9号機(H-IIB?F9)により、種子島宇宙センターから2020年5月21日2時31分00秒(日本標準時)に打ち上げられました。

打上げ前にブルーライトアップされたロケット

打上げ前にブルーライトアップされたロケット ©JAXA

移動発射台に「感謝」と「希望」の言葉

移動発射台に「感謝」と「希望」の言葉 ©JAXA

新型コロナウイルス感染防止の最前線で医療に従事する方々、地元の皆さまをはじめ今回の打上げに対してご理解とご協力をいただいたすべての方々へ感謝いたします。

HTV搭載小型回収カプセル

「こうのとり」7号機では、ISSでのミッション終了後の大気圏再突入の機会を利用し、小型回収カプセルによる日本初のISSからの物資回収に成功しました。

HTV搭載小型回収カプセル外観
小型回収カプセルが船舶により回収された様子

PAGE TOP

猫咪免费人成网站在线观看,两性午夜刺激性视频,7723影视大全在线观看